2016年4月アーカイブ

KA-006 2016/04/30 前山

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は前山です。
歩く距離も長いし、迷いそうな気がしてついつい億劫に成っていたのですが
先日の図書館で見つけたルート付きの本に励まされ、ついに実行です。
登山口に車を停めると、すぐ隣の家の方が前を通る。
IMG_1737.jpg一応車を置いていくことを告げると、この前遭難者がでたと言うことでさんざん脅される。
ナビもあるし、地図やコンパスも持っていることを告げるが、怪しい目でみながら立ち去っていった。
事前に動画で見て渡るように成っていた沢には、鉄製の橋がかけられそこからはコンクリートで舗装された登山道ひたすら登っていく。
ここまでは楽勝だったが,コンクリート舗装が切れた途端、これまで見たことのない斜面が!!!
しだの中を進んでいくのは動画で見たとおり、それから進むとなんだか様子がおかしい、簡易トイレが見えるし軽のワンボックスが止まっている・・・
上がってみると、林道を工事中。登山口は240mほど下かららしい。
IMG_1738.jpgそして、240m下の登山口の斜面も半端じゃない・・・
IMG_1741.jpg
右か左か悩む場面もあるので、マーキングしながら進んでいく。
立ち止まってはナビで位置とルートを確認しながら進んでいく。
途中、何度も引き返したい衝動に駆られながらも、なんとか頂上へ到着。
IMG_1742.jpgこれまた、展望のない藪で、看板も折れて倒れていたので立てなおして写真撮影。
でも、アンテナはなんとなく張りやすかった。
ローカル局が433FMで出てきたので、割り込んでご挨拶。
設営しながらラグチューを聞いていると、こちらが21MHzでチューニングを取り始めると
「あ、ツーって言ってる、チューニング取ってるのかな?」でVVVを打つと「Vが聞こえた」とリアルな実況で嬉しくなった。
そして21MHzでCQを出すと、なんと先にニュージランドからコールバックが有り
その後ローカル局からコールあり、まずまずの出だし。
しかし21MHzはこれにて打ち止めだった。
そして18MHzに移動しCQを出していると おなじみのVKの局からコールバック有り
でもその後はパッタリと。
14MHzは空振り、7MHzは日本のSOTAMLでお馴染みの2局からコールバック有り。
2局ともかなり弱く、危うく聞き逃すところでした。
コンディションが悪いのか、ロケーションが悪いのか、それともアンテナか?
考えてもしょうがないのでCQを出すものの以後パッタリで、電池切れとなりました。
さて、恐怖の帰り道です。まずは一発目、分岐を行き過ぎナビで確認すると随分行き過ぎていたので戻って、曲がり直します。
次は、見覚えのある分岐点で違う方に進むが、分岐ではマーキングしたはずなのにそれがないので戻ってみると、やっぱり間違っていた。
展望の良いところへ出てきたので、今日はとっておきの補給食を残しておいたのを食べます。
ここで補給したのは大正解でした。この後迷ってもバテずになんとかやり過ごせました。
また、ナビの電池も切れそうだったので、ナビも充電しながら降りることにしました。
赤テープの有る所を曲がらないといけないのに、そして少し下を見れば自分のマーキングもあるのに、なぜだか真っすぐ進み「おや?こんな障害物有ったけ?」と思いつつも乗り越えていくと、悲しい位急な道もないような崖のような所を降りて・・・
ナビを見るとやっぱり間違ってるしかし、間違った場所がわからず、ジャンジャン戻るが崖のような所をよじ登るのはつかれた体にはきつかった。
なんとか、曲がるポイントを見つけ下ってくけど、ここもこれまでで最高の斜面なのでとうとう、右の足首が痛くなってきた。降りるのに難儀する。
しかし、所々でマーキングが見つかり「ありがと!ありがと」とつぶやきながら降りて行きました。
滝の音も聞こえてきて、見覚えのある道に出てついに、コンクリート舗装の道まで戻ってきました。
あとは足首の痛みと格闘しながらなんとか車まで戻ってこられました。
車でも、曲がる所を手前で曲がってしまったり、行き過ぎて気がついたりするのですが
なんとなく気がついていた「方向音痴」疑惑が確定的になってきました。
地図は読めるんですけども、思い込みで行き過ぎたり、違う所で曲がってしまうようです。
そんなわけで、達成感のイマイチなSOTA移動運用でした。 
今後の参考にGPSログが欲しい方は、こちらからどうぞ。
ルート 注:帰りルートを外れている所は迷ったルートです。
動画
コメント(0)

23日の夜
チャンネル空き確保のため 30分前から普通にCQを出す。
2局交信できたけど、内1局は韓国からでした。
と言うことは、なんだか嫌な予感です。
案の定、応答があるのは北海道と、沖縄がメインで、あと岩手とか・・・
直接伝搬で県内や岡山が少しでした。
12時過ぎまで頑張ったけどたったの26局
この日は諦め、シャワーを浴びて一眠り。
24日5時前から再開
やはり昨夜と一緒な状況だったが、日が昇るにつれ関東方面からの応答が増え始めた。
9時前に疲れてしまったので一旦中止。
ここまでで 128局
2キロほど歩いてコンビニへ早めの昼食を買いに行く。
お行儀がよくないので「からあげクンRED」食べながら帰り
家についてからサンドイッチを食べたあと再開。
今度はまずは順番に呼んで回ります。
一周りした所で、開いていた周波数でCQを出しました。
昼過ぎからは、2エリアや3エリア・4エリアからもいい感じで呼んでもらえて
未消化マルチもぽつりぽつりと消えていきました。
15時前に成って、急に混信が・・・近くでCQを出し始めた局がいるようです。
7.0225 MHzでCQを出していたのですが、その局は 7.0223 MHzでした。
200Hzしか離れてないんじゃ無理です。
丁度疲れていた事も有り、また歩いて別のコンビニへ。
夕食を仕入れたあと、帰ろうとした所で電話があり、少々憂鬱な気分になったので
家に戻って、ワインとともに夕食を。
その時点で、252局交信、マルチ45 得点は1万点を超え 11,340になったので
昨年だったらの仮定で見てみると・・・全然ダメです。
1位は 750交信3万点 Over とか。。。
優勝を目指していたわけではないですが、全くやる気が無くなり酔いも手伝って
ふて寝していたら、気が付くともう月曜になっていました。 
2016-04-25_16h07_23.png2016-04-25_16h07_28.png
コメント(0)

SOTA JA5/KA-004 若狭峰

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回は、若狭峰です。
軽自動車を手に入れたら、来ようと思っていたところです。
事前調査では、林道から登ればほぼすぐに頂上とのこと。

林道が大変でしたし、分岐で少し悩みました。とりあえず中蓮寺峰方面に向かうとすぐに目印の鳥の看板が出てきました。
IMG_1713.jpgさっそく登ろうと思った所へ、メールサーバからトラブル通知メールが届きました。
ネットワークカツカツの環境でしたが、なんとか接続できたのでスパムメール対策を実施して、登山開始です。

事前にYouTubeで見ていたより、踏み跡もしっかりしていましたので、安心して登り始めます。
ビデオを取りながら登りますが、最初から頂上らしきものも見えていて、程なく到着。
IMG_1718.jpgIMG_1715.jpg

今回も、狭いので釣り竿によるワイヤーアンテナです。
まずは21MHzからで、今日はVK2局と沖縄から1局交信できました。
その後7MHzに移りますが、前回交信すると、メモリーキーヤーが誤動作するので、接続ケーブルにパッチンコアを巻いてまずは試してみました。
IMG_1714.jpgしかし効果はなく、持ってきていたコモンモードフィルターをリグとチューナーの間にいれました。
IMG_1717.jpgこちらは効果覿面!交信してみてもいい感じでした。

そうそう、ハンディ機のアジャスタは、水筒がじゃまにならなければハンディ機もじゃまにならずでしたが、少ししか歩いていないので、そちらの感想はまた後日。

コモンモードフィルターは部材はまだあるので、SOTA用にチューナにダイレクトに繋げられるように、オス-オスコネクタでもう少しコンパクトなケースで作ります。

7MHzはだいたい途切れること無く交信でき、途切れた所でQRTとしました。
昨夜からのサーバトラブルが気にかかっていたのと、熊本の地震も引っかかっていているのかなんとなく落ち着きませんでした。
それに、昼食を車に置いてきたのでお腹もすいてきていました。
車に戻り、昼食を取りながらハンディ機を聞いていましたら、高松市内のモービル機から55で入感有り。香川県全域と交信できるなら「香川マラソンコンテスト」の運用地としてもイイなぁと思いつつ、帰路につきました。

ルート

今回は、林道からのルートです。徒歩は頂上近辺だけであんまり意味が無いので・・・

動画

コメント(0)

SOTA JA5/KA-014 猫山

| コメント(2) | トラックバック(0)

約20日ぶりのSOTA移動運用でした。
五十肩の痛みが酷く、通院を始めてから「しばらく重いものを担ぐのはよしなさい」ということでしたので、しばらく休んでいました。
とは言え体力が衰えるのも癪なので、近所の山に軽い装備で登ったりしておりました。

さて、今回は「猫山」です。登りやすい山はだいたい登っちゃったので、登山道のあまり整備されていない山が残っています。
とは言え、まだましな方かなと思いつつ、事前の調査では「斜面がきつい」と聞いていましたので、心してかかります。
頂上近くの神社から登りますので、距離自体は短いはずで病み上がりの私には調度良いと判断しました。

また、今回新兵器が幾つか登場です。
1.水筒 ・・・ 自転車用の保温機能のあるステンレス製の 700ml
2.無線機用アジャスタ ・・・ 取り外しが楽になる(はず)のフックのようなもの
3.5本指ソックス ・・・ 右足中指の爪で人差し指を傷つけてしまうので
4.縦振り電鍵と併用できる様に改造したメモリキーヤー

1.水筒は、でかすぎて取り回しが面倒でした、水筒自体の重さも有りイマイチでした
ペットボトルは飲んだあと小さくなるので、その点でもペットボトルに軍配あり。
結局、落下させなければペットボトルが優秀です。
真夏に山に登るなら、冷たい水を飲めるメリットは有るんですが、真夏は登らないつもりです。

2.これは、水筒と干渉して「ガチャガチャ」とやかましく、不愉快極まりないことに成ってしまいました。水筒をペットボトルに戻した時にどうなるかで再考です。

3.指に違和感があるのが気になる性格にもかかわらず、あまりに気にならずもちろん爪で指を怪我させることもなく、快適に登山することが出来ました。

4.CQ出すのはメモリキーヤー、それ以外の交信は縦振りでいい感じでした。私の場合、縦振りの方が打ち損じがなく効率的です。しかし、7MHzでは、電波を出すとメモリキーヤーが誤動作します。勝手に送信し始めるのですが、ダイポールアンテナだと問題ないので、チューナをかました時にコモンモードノイズが回り込んでいるのでしょう。これは後日調整します。

そして、登山ですが、これまでで一番急な坂だった。しかも案内表示が殆ど無く、神社右横空登れる情報を持っていながらも「ここから登れるんか??」としばらく躊躇してしまいました。少し分け入ってみると、なんとなく踏み跡が有り行けそうでしたので言ってみると、赤いテープも残っていたり。帰りが非常に不安になるので、所々にマークを置いて登りました。
もちろん、帰りには回収しながら帰ります。

今回は、距離が短かったので、さくっと頂上に着きました。

IMG_1707.jpgIMG_1706.jpg頂上は事前の情報からも、狭いと聞いていたので、ダイポールは張らずに、釣り竿によるロングワイヤーアンテナをはりました。

IMG_1708.jpgまずは、21MHzで CQ CQ ・・・ 少ししてVKより反応あり、その後もアメリカからやVKから反応あり、たちどころに10局ほど出来ました。21MHzでは最高記録です。

その後、SOTA spotで14MHzで出ている情報を掴み、S2Sに成功!!久しぶりです。
そして7MHzに戻るのですが、今日は7MHzは不調で1局のみの交信となりました。
もうやめようと思ったのですが、バッテリーが少し残っていたので18MHzでCQを出してみると1局応答が有りました。

最後に、ハンディ機で430MHz CQを出し、1局交信してもらって撤収です。

さぁ、帰り道です。五十肩に下りのロープはとてもつらいです。
右肩が痛いので、右側にロープが有る時は、バックで降りました。
靴が新しいの、ズルっと尻餅をついたりは無かったですが、急坂のため何度か滑ることは有ります。とにかく、怪我もなく神社まで降りてきましたが、膝が笑って階段を降りるのが大変でした。

と言うことで、久しぶりのSOTA運用はまぁ成功!
曇り空だったので、少し寂しさは残りました。

次回はもう少し楽だという噂の山に行くつもりです。
軽自動車じゃないと行けないということで後回しに成っていたお山です。

ルート

動画

コメント(2)

さかしん







このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ