ツールの最近のブログ記事

チューニングスイッチが思ったような動作をしないので、I-COMに質問したりもしましたが要領を得ず・・・で、ひとつ気づいたことがあり確認しました。

「パワー出力を絞っていても、チューニングスイッチを押すとフルパワーが出てしまう」から外部チューナーも動作させられると思い込んでいましたが、フルパワーが出てしまうのはSWRが適度に落ちている場合だけなんじゃ無いかと。

で、パワーを絞った状態(0%)でダミーロードを繋いだ状態で、パドルで送信すると確かにパワーは0%だけど、チューニングスイッチを押すと10Wで送信しました。

IMG_2557.jpegここまでは情報通り。

で、ダミーロードを外してSWRを∞にしとくと、チューニングスイッチを押しても2.5W程度しかパワーが出ませんでした。

結局の所意味なしでした。orz..

チューニングするのにある程度パワーが必要な外部チューナーでは使えないと言うことが判明しました。

かなりがっかりです。

コメント(0)

昨年はどう言う理由か忘れたけど、自宅で細々と参加したニューイヤーパーティーでしたが、今年はまた大串半島に移動してきました。

忘れ物をとりに一度引き返しましたが到着時間は予定通り。しかし、結構肝心な物を忘れていました。

今回は某S局が帰省されての参加予定なので、NAR100を使ってもらうつもりで自分では7MHzのモービルホイップを準備しました。

IMG_2523_2.jpegSWRもバッチグーです。

IMG_2522.jpegしかしレーダーノイズでCWバンド全域潰れてます。

IMG_2525.jpegむりむりCQを出してみたけど無理でした。

10MHzや14MHzでCQ出してみても2局ずつ程度だし、国内のビーコンには拾われなかった。

それでもお昼前から10MHzのコンディションが良くなり、良い感じで呼ばれてとりあえずはノルマ達成でした。

−・・・−

開始から少し遅れて某S局も到着し、NAR100を両車両の真ん中に設営しました。

IMG_2526.jpegしかし、IC-705ではチューニングが取れず結局私がNAR100を使い、某S局がモービルホイップを使っての運用となりました。

お昼を過ぎた頃に、某G局も到着し3台並んでの運用でした。

IMG_2533.jpeg−・・・−

撤収前に、先日作ったIC-705の強制チューニングスイッチが効かない原因を調査。

IMG_2534.jpegああでもないこうでもない、外部バッテリーが12Vしかでないから?とか疑って昇圧のDC-DCで試してみてもやっぱりパワーが2W位しか出ない。

リグが悪いのかと、各局のIC-705で試してもやっぱり同じでした。

これは後日調査です。仕様が変わったんかな???

移動運用自体はとても天気が良く、ぽかぽか陽気の中大変楽しく過ごせました。

来年もまた賑やかに運用できると良いですね。

コメント(2)

香川マラソンコンテストの4回目移動のとき、IC-705+SG-231チューナの組み合わせだとチューナーが動作せず困り果てていました。

SWRが高い状態だとパワーが出ないのが原因のようですが、チューニング動作させるとパワーが出るそうです。

こちらのサイトを参考にさせてもらって作成することにしました。

パーツはこれだけですが、1μFのコンデンサが無かったので注文するついでに、プラグの穴にちょうどはまりそうなプッシュスイッチも購入しました。

IMG_2498.jpeg組み立てもあっさりできまして、チューニングボタンが表示出来るか試してみるけど「TUNE」ボタンは活性化せず・・・

IMG_2499.jpeg考えても分からないので、悲しい気持ちのまま次の日曜に再度挑戦です。

ショートを疑ったり、コンデンサの容量抜けを疑ったり、刺した状態で電圧をみてみたりするけど異常は見当たらない。

元のサイトをよくよく見ていると「おや!」・・・差し込む穴をまちがえてました。

ずっと「KEY」の穴に差し込んで「動かん、動かん」と悩んでいたようで・・・アホです。

ちゃんとしたところに差し込めばしれっと動作しました。

IMG_2510.jpegプラスチック製のケースの穴を少し広げて差し込めばバッチグーな物が完成しました。

IMG_2511.jpegそして差し込んでスイッチをぷっしゅっと押してやるとちゃんとパワーが出ました。

IMG_2514.jpegもっと早く気がついていたらチューナー繋いで動作確認できたんですがね。

また今度試してみましょう。スッキリしたのでゆっくり眠れそうです。

コメント(0)

5月も最後の週末はパーツも揃ったので、土曜日はIC-705向けデュプレクサーを製作開始です。

今回は3人で作業ですがそれでもコロナには気を遣ってくそ暑い中屋外での作業です。

IMG_1968.jpeg基板を作りましたが初期版と言うことで外回りの加工が必要だったりまだまだ改善は必要です。それでもクラブ名の入った基板はなかなかかっこいい。

IMG_1967.jpegコイルも自分たちで巻いたり切ったり被覆を剥がしたりしています。

IMG_1971.jpegそれほどシビアには作っていませんが組み込み完了後に良いポイントで同調するようにとか、ロスが少なくなるように調整しています。コイルはすき間の調整等で調整しますが、コンデンサは想定より大きい場合は少なめにして1pや3p増やしたりしながらの試行錯誤です。

今日の試作でだいたいの定数もわかったの次回は手早く効率的に作成できると思います。9:00〜始めて昼飯も食わずに16:00頃までかかって、3個しか作れませんでした。

IMG_1972.jpeg次回は6月中頃に製作する予定です。

−・・・−

そして昨日の疲れが残っていたのか起きるのも遅く、のんびり支度をしていると出発が遅れ、大川ダムにてLA-23の運用を始めたのは10時を過ぎていました。

IMG_1979.PNGここは適度な空き地も無いので道路の待避所で運用しました。

IMG_1976.jpeg今日のビックリドッキリメカは扇風機・・・

IMG_1977.jpegは前から持っていたヤツですがこの扇風機をリグに供給しているバッテリーに繋いでいるインバーターから電源を取ると酷いノイズを無線機に与えてしまうので、小型のバッテリーからUSB電源を取って供給する作戦にしました。

IMG_1978.jpegノイズも乗らず無事にちょっとだけ快適に運用できました。ちなみにこのバッテリーはIC-7300を1週間放置していると時間がリセットされてしまうので、放置中に電源を供給するように使ってます。

しかし今日は新たな問題発覚!リグから周波数情報を取得するのにUSBを接続するのですが、USBケーブルをリグに繋いだ途端「ビー」ってノイズが S1だったものがS5にまで大きくなってしまいました。

今まで先に繋いでリグの電源を入れていたので気がつかなかった。
次回はCI-Vのケーブルでノイズがどうなるか試してみよう。

今日の運用は 7MHzはたった1局、14MHzはなんとロシアから呼ばれてビックリですが、JAの局と合わせて2局。21MHzは9エリアと6エリアから比較的強い信号でしたがこれまた2局のみ。

最後にと10MHzででてみるとノイズが強い中でもボチボチ呼んでもらって 9局でした。前回も同じ場所でしたがエンドフィードアンテナを張っていたので結構局数稼いでますね。しかし周りの木も生い茂ってなかったなぁ〜これも少しは影響してるでしょうね。

そもそもモビホじゃ厳しいか・・・次回は久しぶりに西方面です。

コメント(0)

IC-705向けデュプレクサー頒布の件で別のメンバーがTwitterに投稿したところ、反応が良くて海外の方からも問い合わせがあったようです。

それではいよいよ制作に入ろうかと相談したところまずは50Wで問題が無いかテストしたいと言うことになり、私の家でテストすることとなりました。

50W出力のHF機とVU機を準備しました。
IMG_1866.jpeg様子を見たいメンバーもいらっしゃるので外で密にならないように工夫したつもりです。

テーブルが白く光を反射するのでテーブルで少し作業した後、物置に入ると暗くて見えない・・・って悩みを抱えながの作業でした。
今度からOD色のビニールシートでもかけますかね。

430MHzは刺すとPTT押しっぱなしになる便利なアドニス変換コード刺して3分出して少し休んでまた3分。
IMG_1868 2.jpegHFは電鍵の線を外して洗濯ばさみで挟んで同様に確認しました。

IMG_1870.jpeg発熱も全くなく無事にテストもクリア。

その後コネクタ部分のインピーダンスを根元できっちり計測する方法等をレクチャーして頂きました。
IMG_1871.jpeg専門家の知識はやはり凄いです。

そうこうしていると雨がポツポツ降ってきたので急いで片付け、するとまた止んだのでしばらく3人で色んな話題でお話ししてました。

そろそろ基板を中国に発注して製作の方も進める段取りとなりました。
今しばらくお待ちください。

コメント(0)

LA-09 長柄ダム

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日はLA-09 長柄ダムに行ってきました。

IMG_1379.jpegちょっと狭い場所ですが東屋横に。

IMG_1380.jpeg一応ダムの写真も。

IMG_1381.jpeg今日は某アンテナメーカの知り合いと、発表間近のアンテナテスト(2回目)のためもあります。

運用準備ができたところへその方も到着。コーヒーとパンで少しお話した後設置しました。発表前なのでまだ写真は載せられませんが・・・

チューニングは先週もテストしているしバッチリ落ちます。早速CQを出すのですが10回呼んでも応答ないしRBNにもかからない。山に囲まれた場所なので場所がNGなのかな?と不安になりつつモービルホイップをつないでみると「ゴー」音も大きくなり、CQ出せば1回目に応答ありRBNにもいつもの7エリアと1エリアの2箇所で拾われました。

5局ほど交信した後「なんか弱いですね〜」と相談しながら簡易の電界強度計で比較すると全然電波が出てない感じでした。

すると・・・やらかしてました。

IMG_1384.jpegエレメントからの線をチューナーに繋がずにやってました。しかしチューニングも取れるし弱いながらも受信できてました。

あ〜あ、今日もボケボケです。思えば忘れ物を取りに家に引き返すこと2回やらかしてたし。

交信の方ですが、RBNにもボーブルホイップよりかなり強力に拾われます。交信していても「FB」付きレポートを沢山頂きました。

パイルアップ状態で調子よくやっていたのですが、混信が入りだして聞き取れなく成ったところでQRTしました。 7.010って丁度いいところは避けたほうが良さそうですね。

設営も楽ですし場所もとらずいい感じのアンテナです。発表が楽しみです。

そして帰りには、アンテナメーカーの方の実験場にお邪魔して珍しいものを見せていただきました。プロの方は色々と駆使されてますね。

ー・・・ー

移動運用でも自宅からのコンテストでもCTESTWIN を使ってPCキーイングをするのですが、1本のケーブルをいちいち差し替えるのが面倒くさいのでもう一本作りました。

IMG_1385.jpegUSBでRS-232Cポートを使うケーブルはamazonで購入し、ストレートキー用に変換する回路を自作です。CTESTWINのhelpに回路図が載っているので皆さんも是非自作でどうぞ。

ぶっつけで組み込みましたがバッチリでした。

コメント(0)

少し前が誕生日だったので欲しいと思っていたものが届きました。

IMG_1250.jpeg明日の移動運用に備えてコイルの調整をします。

IMG_1252.jpeg何もしない状態だと、かなり高いところでマッチングしてました。

IMG_1253.jpeg目一杯低いところに設定しても少し高めですが十分です。

IMG_1254.jpegついでに7MHzのカセットもコネクタを交換してから高めのところでマッチングしていたのでこれも調整しました。IMG_1255.jpegラジアルの向きでもう少し高いところへ調整できるようです。

明日の運用が楽しみですね。

ー・・・ー

さて、外部チューナーのアース板を地表が良いのか埋めたほうが良いのか、比較試験の前に桜の枝を剪定しないと作業がはかどりません。

IMG_1256.jpegIMG_1257.jpegかなりの枝を剪定しましたが、ぱっと見変わりません。写真で比較すると少しスッキリしています。

IMG_1258.jpegIMG_1259.jpegチューナー周辺も見通しが良くなりました。

IMG_1262.jpeg周りの木の根がはびこって掘るのが大変でしたが、体力の限界まで掘りました。

IMG_1263.jpeg埋め戻して完了です。長かったアースの線が丁度いい感じですね。

IMG_1264.jpegその前に、剪定した枝にお薬を塗っておきます。

IMG_1260.jpeg桜切る馬鹿・・・なんとかってことわざもありますし。

IMG_1261.jpegー・・・ー

いよいよ、アースの比較です。疲れて写真を撮り忘れてます。

机の上に置いた電界強度計の目盛りと、同軸のコモンモード電流を測った数値での比較です。電界強度計の振れ方が不安定なのでイマイチ信用になりませんが同じ条件になるように頑張りました。

周波数地表に設置埋設
電界強度 コモンモード電流 電界強度 コモンモード電流
1.9MHz 30〜32 1.8mA 28 0.1mA
3.5MHz 48 0.0mA 50over 0.0mA
14MHz 1 0.0mA 6 0.0mA
21MHz 10 0.1mA 6 0.1mA

電界強度は埋めると全体的に弱くなった気がしますが、3.5MHzはかなり強くなりました。何より、コモンモード電流が減ったので埋めたほうが正解ですね。

交信できるかどうかは 21日・22日にある、XPO記念コンテストや愛・地球博記念コンテストで試してみます。

コメント(0)

やっと到着!

| コメント(0) | トラックバック(0)

電源のコネクタは、以前よくプラスマイナスを逆につないでヒューズを飛ばしたり、インバータを焼き付けたりと失敗多数。

それで、パワポールコネクタを使うようにしました。逆接続の心配もなくとてもいい感じです。

しかしならHFリグの配線が、分岐分岐で少々えぐい感じでした。

IMG_1014.jpegで、分配器が手頃な値段で出ていましたのでさっそく注文。

4/18日に注文し到着予定は「土曜日, 04/25 -土曜日, 05/02」でしたがいつまで経っても届かない。

やっと今日届いたけども一体どこで油を売っていたのやら・・・ 

IMG_1013.jpeg

ちょくちょくchina postの状況を見ていましたが、最終的にはこんな感じになりました。

2020-06-08_18h06_20.pngさっそく配線をやり直しました。

IMG_1015.jpeg無駄金にならずやれやれ・・・

コメント(0)

スペアナ追加

| コメント(0) | トラックバック(0)

Facebookには色々と広告が出ますが、その中でなぜか引っかかってしまったスペアナモジュールを買っちゃいました。

届いたものはこれだけです。

IMG_0547.jpgモジュールに、アクリルパネル(表用、裏用)電源ケーブル(USB)二股分配器とオーディオケーブル1本。

組み立ては簡単ですが、しっかり締め付けようとするとトルクスドライバーが必要です。

付属の二股分岐は接触がいまいちだったので、たまたま手持ちの物があったのでそちらを使用。

右側が手持ちのものです。

IMG_0548.jpgスピーカーから分岐しますが面白いです。

結構しっかりとした感じで、重量感もあります。

信号がないときには時計になるのですが、時間の調整方法がわからない。
(マニュアルはなく、商品ページに簡単な操作法が書かれてるだけ)

品番で探してもなかったけど、海外の人のYoutube動画で調整しているのを見つけました。

せっかくなので、商品ページのレビュー欄に方法は書き込んどきました。

でも4,000円も出す価値があったのかと言われると???

コメント(0)

ACノイズフィルター

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月はブログを更新していなかった・・・ネタがなかったのです。

24日には「ハムフェスティバルin香川」に行ってきました。

CQオームさんが来るというので、いくらかの予算を持っていましたが、欲しいものには手が届きませんでした。残念・・・

でも知り合いのジャンクショップでお値打ちなものを見つけました。

IMG_0161.jpgこれが500円とは安い!思わず2個買いましたら、200円おまけしてくれました。

その200円でコーヒーを買えました。

今日は早速組み立てです。少しバリがあって手を切りそうなので、バリ取りから。

IMG_0162.jpgダイソーで良さげなサイズのタッパがあったので(2個100円也)入れてみる。

IMG_0163.jpg家にあった短い電源延長ケーブル(恐らくこれもダイソー製)を半分に切って入れます。

IMG_0164.jpg一応収縮チューブで根本を絶縁。

IMG_0165.jpg完成!

IMG_0166.jpgしかし、ちょっと窮屈で、電線がねじれているのを直せず・・

IMG_0167.jpgやはり、ケースに入れる仕事は向いてない・・・

アース線には大きめのクリップを取り付けました。

IMG_0168.jpgま、いいか・・・

コメント(0)

さかしん


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちツールカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは県道制覇ツーリングです。

次のカテゴリはジテツーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ