メンテナンスの最近のブログ記事

少し前が誕生日だったので欲しいと思っていたものが届きました。

IMG_1250.jpeg明日の移動運用に備えてコイルの調整をします。

IMG_1252.jpeg何もしない状態だと、かなり高いところでマッチングしてました。

IMG_1253.jpeg目一杯低いところに設定しても少し高めですが十分です。

IMG_1254.jpegついでに7MHzのカセットもコネクタを交換してから高めのところでマッチングしていたのでこれも調整しました。IMG_1255.jpegラジアルの向きでもう少し高いところへ調整できるようです。

明日の運用が楽しみですね。

ー・・・ー

さて、外部チューナーのアース板を地表が良いのか埋めたほうが良いのか、比較試験の前に桜の枝を剪定しないと作業がはかどりません。

IMG_1256.jpegIMG_1257.jpegかなりの枝を剪定しましたが、ぱっと見変わりません。写真で比較すると少しスッキリしています。

IMG_1258.jpegIMG_1259.jpegチューナー周辺も見通しが良くなりました。

IMG_1262.jpeg周りの木の根がはびこって掘るのが大変でしたが、体力の限界まで掘りました。

IMG_1263.jpeg埋め戻して完了です。長かったアースの線が丁度いい感じですね。

IMG_1264.jpegその前に、剪定した枝にお薬を塗っておきます。

IMG_1260.jpeg桜切る馬鹿・・・なんとかってことわざもありますし。

IMG_1261.jpegー・・・ー

いよいよ、アースの比較です。疲れて写真を撮り忘れてます。

机の上に置いた電界強度計の目盛りと、同軸のコモンモード電流を測った数値での比較です。電界強度計の振れ方が不安定なのでイマイチ信用になりませんが同じ条件になるように頑張りました。

周波数地表に設置埋設
電界強度 コモンモード電流 電界強度 コモンモード電流
1.9MHz 30〜32 1.8mA 28 0.1mA
3.5MHz 48 0.0mA 50over 0.0mA
14MHz 1 0.0mA 6 0.0mA
21MHz 10 0.1mA 6 0.1mA

電界強度は埋めると全体的に弱くなった気がしますが、3.5MHzはかなり強くなりました。何より、コモンモード電流が減ったので埋めたほうが正解ですね。

交信できるかどうかは 21日・22日にある、XPO記念コンテストや愛・地球博記念コンテストで試してみます。

コメント(0)

外部チューナー設置

| コメント(0) | トラックバック(0)

やっとアンテナをいじる時間が取れました。構想1年位?で購入する材料は最小限で、ありあわせの材料でやり直すべくコツコツと準備していました。

と、大げさな事を言ってますが、釣り竿のアンテナは4:1バランを経由してリグの内蔵チューナーでマッチングを取っていました。
IMG_1209.jpegこれでも飛ぶかどうかは別にして1.9MHz〜50MHzまでマッチングはとれて、香川マラソンコンテストでは重宝しています。

ここ数年で、1.9MHzのマッチングが取れにくくなったり取れなくなったり不安定で、最近ではマッチングが取れなくなりました。
1.9MHz帯でもSSBができるようになり、サービスの依頼があるかもしれないのでいよいよ外部チューナー作戦開始です。

まずは、チューナーにつけるパッチンコアは、今使っているものを外して使います。
IMG_1210.jpeg収縮チューブで保護していたので内部はきれいな状態でホッとしました。
チューナーのケーブルを挟めるか不安がよぎりましたが、これでもかってくらいピッタリハマって在庫の有った収縮チューブで保護しました。

IMG_1211.jpegチューナーを止めるステーは今回のために購入し、ボルトは物置の在庫に有ったものを使います。少し長いけどOKです。
IMG_1212.jpeg設置場所を掃除して・・・
IMG_1213.jpegフェンスの裏側からステーでボルト止めして固定します。
IMG_1214.jpegさくらんぼの木で影になりますが、直射日光と風雨を防ぐために青いプラスチックのカバーをかける予定です。このカバーはモノタロウで購入。
IMG_1215.jpegコントロールケーブルや、同軸をつなぐためウォールボック内で配線します。この箱は以前使っていたものを使わなくなって置いというたやつです。
IMG_1216.jpegアースはメッシュ線でつなぐべく、最近「電化センター」さんで購入しましたが、少し細いので2本並列でつなぐ予定です。
IMG_1217.jpegしかし、コネクタ端子が小さいので、輪っか部分を開いて2本のメッシュ線で挟んではんだ付けしました。

IMG_1218.jpegいよいよ、一番難儀な作業でこの辺に埋めている銅板を取り出し、カンターポイズとして利用する計画です。

IMG_1219.jpeg線をたぐるとこんな感じで掘り出します。
IMG_1220.jpegスコップ大小を駆使しながら、時々挫けそうになりながらもなんとか取り出し完了!

IMG_1221.jpegしかし、雨脚も強くなったの休憩を兼ねて一旦撤収しました。

食事の後、チューナーを裏から保護するベニアに気休めの塗装を物置の中で塗り塗りして、ベニアを止めるボルトが足りないので近所のDAIKIまで買いに行ってきました。
IMG_1222.jpegちなみにペンキは前回イノシシ避け金網を塗装するときに買った分の残りです。
そうこうしていると、雨もやんだので作業再開です。

掘り出した銅板にアース線をはんだ付けしますが、まずはヤスリを掛けて錆びてない部分を露出させますが、電動工具でできるのはとっても幸せ。
IMG_1223.jpegハイパワーハンダゴテでしっかり接着します。

IMG_1224.jpegそしてウオルボックス内の配線で、MJコネクタを繋いでコントロールケーブルも接続。

IMG_1225.jpegここからシャックまでの同軸も節約するためイマイチな21MHzを外してその同軸を使いまわします。
IMG_1226.jpegしかし、コイルのところに水が入っていてコイルの色もまだらになってます。ダメかな?

IMG_1227.jpegこんな感じで接続完了したので、融着テープとビニールテープを巻いて箱の中にしまいました。

IMG_1228.jpegIMG_1229.jpegここまでで、体はヘロヘロですがもうひと踏ん張り! 風雨と直射日光よけにカバーを被せ、裏側はベニヤで隠してボルトで取り付けました。その後ペンキを塗り足し今日の作業は終了にしました。
IMG_1230.jpegIMG_1231.jpegまだ防水の処置が残ってますけど、それはまた明日。

シャック内のコントロールボックスの組み立てとか電源の取り込みが残ってます。
しかし、テストもしないで組み立て完了してしまって大丈夫だろうか?
とっても不安ながら体中が痛くなってきてもう限界。

明日の移動運用行けるんかな?

コメント(0)

随分前に社長のお下がりでもらったノートパソコンが、ついにバッテリーが終了してしまいました。

電源つないでいると100%充電完了と出ますが、電源を抜くと「プッツン!」と電源が落ちてしまいます。

ぐぐってみると 5,000円台〜20,000円位まで色々と出て入るようです。

ここは最安のサイトを見てみますが、日本の会社っぽいサイトながら中華な会社丸見えでした。

でも一番安いのでここで買うことにしましたが、怪しいサイトで買い物するときはPayPalで決済します。

数日後には発送連絡があり、追跡コードも送られてきました。(なぜかPayPalからの連絡)

しかし、追跡コードだけ送られてきても、どこの運送会社か書かれていないので調べようがない。

で、本体サイトを見ると「日本郵便で発送」と書いてあるので、2〜3日おきに調べるけど、いつまで経っても「登録されていない」のまま。

「バッテリーは船便だから遅い」とか書かれているのでしばらく放置していました。

20日程経った頃、自動翻訳したようなメールで「運送会社にお問い合わせください」とショップからメールがきた。そのメールで「佐川急便」だったことが判明。

どうやら宛先不明で迷子になっているようでした。

そういえば私にとってのPayPalは怪しいサイト決済用なので、住所を会社の住所にしていたのですが、メールで送られてきた送り先はちゃんと自宅になっているのに、佐川急便の伝票は会社の住所になっていたようです。

サービスセンターに電話し宛先を直してもらったら、翌々日に到着しました。

ー・・・ー

さて、4連休でしたので交換に挑戦。

IMG_0031.jpg裏のネジを全部外したり、キーボードを外したりなかなか面倒くさい作業後ようやく取り出し完了。

新旧並べてみると、それほど偽物っぽくはない。

IMG_0034.jpegそして蓋を締めて電源アダプターを繋がないまま、電源を入れるとしれっと起動しました。

IMG_0036.jpegホット一安心。

起動した後電源をつなぐとちゃんと充電しているようでした。

IMG_0037.jpegあとは、バッテリーの持ちがどれくらいかですが、とにかくフィールドデーコンテストには間に合ってよかった。

コメント(0)

やっと到着!

| コメント(0) | トラックバック(0)

電源のコネクタは、以前よくプラスマイナスを逆につないでヒューズを飛ばしたり、インバータを焼き付けたりと失敗多数。

それで、パワポールコネクタを使うようにしました。逆接続の心配もなくとてもいい感じです。

しかしならHFリグの配線が、分岐分岐で少々えぐい感じでした。

IMG_1014.jpegで、分配器が手頃な値段で出ていましたのでさっそく注文。

4/18日に注文し到着予定は「土曜日, 04/25 -土曜日, 05/02」でしたがいつまで経っても届かない。

やっと今日届いたけども一体どこで油を売っていたのやら・・・ 

IMG_1013.jpeg

ちょくちょくchina postの状況を見ていましたが、最終的にはこんな感じになりました。

2020-06-08_18h06_20.pngさっそく配線をやり直しました。

IMG_1015.jpeg無駄金にならずやれやれ・・・

コメント(0)

手動チューナー修理

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日「修理して使ってください」と手動チューナーを戴いていたものを本日修理すべく蓋を開けてみました。

右側のダイヤルが空回りしていまして、赤丸で囲っている所が緩んでいたようです。

IMG_0982.jpeg締め直すだけでOK。清掃しているとGND端子のワッシャーが錆びていたので交換し、蝶ナットの耳がないので手持ちのナットが合うかと思いましたが、インチネジっぽくて合わずに断念しました。

IMG_0983.jpegその後の動作確認ですが6mの釣り竿にちょうど合う程度のエレメントを巻きつけ、洗濯機裏板をアースにしてマッチングのテストをしました。

エレメントが短いようで、ローバンドは厳しいようでした。

それでもひとまず修理完了!GW最後に成功事例ができて喜んでます。

コメント(0)

ずっと運動をしてないのでさすがにまずいと思い、今日は天気もいいし風もなくこんな日を逃すのはもったいないので、大崎ノ鼻展望広場に行くことにしました。

車で駐車場に着けばそこから700mの距離です。

IMG_0794.jpegたこ焼き屋跡の横

IMG_0795.jpeg何故か砂利道な、のどかな登山道

早目の時間だったので日陰はひんやりですが程なく到着。

IMG_0796.jpegそしてお約束のハンディ機でCQを出してみる。

IMG_0797.jpeg430も145も見事空振りでした。これでは無駄な荷物になってしまうので、誰か出てないかとぼんやりしていると、JA5SQH/5局が、SOTAで金山から出ていました。

早速お声がけしてとりあえず交信成立。CQが聞こえた直後はカツカツで無理かと思ったのですが、433.200にQSYしてハンディ機の位置を少し動かすとメリットは5で、Sも1振り始めたのでなんとかなりました。

帰りにうどんを食べて帰り、洗車をしたあと釣り竿とチューナのテストです。

細いエレメントでひとまずたてます。

IMG_0799.jpegチューナーのアース用に廃棄する洗濯機背面のステンレス板でこしらえたもので試す計画でした。

IMG_0798.jpeg先日養子に来た IC-756PROで受信状況を確認してみました。

IMG_0800.jpeg

1.9MHz〜28MHzまで難なくチューニングは取れましたが、7MHzを聞いてみると数局聞こえるけど蚊の鳴くような声しか聞こえません。

部屋に戻って普通のダイポールと固定のリグで聞いてみるとS9+とか、弱い曲でもS5〜7は振れている・・・・

アンテナがNGなのか、チューナーか、アースがイマイチか・・・・はたまたリグか?

追求するのはまた今度。

その前に、CTESTWINでリグコントロールが出来ないと、コンテスト用に使えないので試してみます。

I-COMは古い機種でも CI-Vでリグコントロールできるので便利です。

黄色い背景の所ですが、ダイヤルをくるくる回すと追従してくれました。

IMG_0801.jpeg良かった良かった。

コメント(0)

アンテナ修理

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は壊れたアンテナの修理です。釣り竿の代わりに何か別の良いアンテナは無いかと考えていましたが、1.9MHz〜28MHzが飛び受け悪いながらも使えるマルチバンドなアンテナが1つは必要なので、やはり今まで通りとすることに。

釣り竿は折れた感じではなかったので、すっぽ抜けただけならボンドで固めて再利用と思いましたが、調べてみるとパックリと割れていたので諦めました。

IMG_0750.jpeg以前OMさんに同じくらいの長さの釣り竿をもらっていたので、それを使うことにしました。

IMG_0751.jpeg右側(上)が壊れた分、左側(下)は戴いた分。

その前に、50MHzのデルタループを直しますが、エレメントを保持していた金具が、塗装していたにもかかわらず、若干錆びてきていたので再塗装し、いい感じの折れた釣り竿が有ったのでそれに吊るして乾燥中。

IMG_0753.jpegその間に、釣り竿の補強をします。

つなぎ目は融着テープで水が入らないようにしました。

IMG_0754.jpegその上からビニールテープを巻いた上に、インシュロックで縛って紫外線予防のため更にビニールテープを巻きました。

IMG_0755.jpegそしてなんとか完成です。

IMG_0757.jpeg冬で良かった。春以降になると桜の葉が生い茂って難儀したことでしょう。

そして動作確認すると、釣り竿の方は1.8MHzがチューニング取れなかったのが取れるようになってました。(使わないけど)

50MHzはSWRが若干悪化。リグのメータ読みで 1.8位。

チューナー入れれば問題ないけど、今度ちゃんと測ってみて調整しておきたいですね。

4時間程かかりましてだいぶ疲れました。暖かかったので助かったけど。

夜に3.5MHzで交信してみよっと。

コメント(0)

来月徳島でハムの集いがあり、そこでジャンク品を出す予定となっておりました。

もう出すもの無いなぁ〜と困っていたら先日の全市全郡コンテストに来ていただいた前の会長さんが「楽しんだ残骸のメモリーキーヤーが沢山あって困るから」という事で提供いただきました。(作るのが楽しいそうです)

IMG_0626.jpg動作確認したら2個ほどうまく動かないものはありましたが、ほとんどOK!

数を数えたら60個あり、バッテリーケースとアダプタを50個買っていたので、ひとまず50個作っておきます。

IMG_0641.jpgリード線付きのケースで先端の被覆をむいてくれていたので助かります。

土曜日は生憎の天気だったので、ちまちまとはんだ付け作業です。

IMG_0643.jpg

はんだ付けができたら、導通確認やプラスマイナスの絶縁を確認して完了。

残り10個分と、タッチパドル用5個分はマルツオンラインで注文し、この記事を書いている時に届きました。

さてさて、残りもやっつけますか。。

そして、日曜はいい天気!この前から気になっていたモービル機の同軸ケーブルのロスを少しでも改善するべく、切っちゃう作戦を実行です。

基台のところで切る前のパワーを測っておきます。

IMG_0645.jpg7.5W位・・・この前より減ってないか!?

ま、いいや。今回は奮発してケーブルカッターを購入して切ることにしました。

IMG_0646.jpg驚くほどサクッっと切れて、切り口も比較的綺麗なまま。

IMG_0647.jpg結局2m程短くなりました。

IMG_0649.jpgそして、パワーを計測すると「LOW」レンジでは振り切れ!

IMG_0650.jpg「HI」レンジだと15W強になって、2倍近くパワーが出るようになっちゃいました。

ということは、受信の方も良くなっていると推測されます。

久しぶりにスッキリしました。

コメント(10)

先日、モービル用リグをご厚意によりいただき快適に使わせていただいております。

付属のマイクでリグを操作できないことだけが不便といえば不便でしたので

自宅で使っているこのマイクと交換することにしました。

IMG_0589.jpgただ、この様な感じでカールコードの先が少し短いので

IMG_0592.jpg少し延長ししながら差し替えも容易にできるように、LAN用の延長コネクタを付けます。

自宅のTM-941やTM-255にもこれを使ってつないでいます。

マイクが1本しかないので、差し替えしやすくするためで、実績もありますから再度購入しました。

このお値段で、2本付いてきます。注文してから届くまでに少々お時間がかかりますがね。

ただ、そのままではプラスチック製の外装が邪魔して入り込みません。

IMG_0590.jpgカッターでガジガジと削ればOK

IMG_0591.jpgUP&DOWNもCALLやMRすべて操作できました。

だけど、交換したマイクをTM-941に差し込むと、マイクからサーーーっとホワイトノイズが聞こえます。

少々気になるので、抜いたままに。

めったに使わないからこれで大丈夫。

コメント(0)

ニューイヤーパーティ二日目は自宅から7MHzで少し参戦。

しかし、呼ばれる呼ばれる・・・1時間で25局は楽に応答がありました。

それも常に2〜3局から同時に呼ばれるプチパイル状態でした。

コンディションが良かったのか、フルサイズのダイポールの力なのか、それとも100W出力が効いたのか?

気を良くして、昨日壊してしまったパドルの修理です。

厚さ3mmのアクリルパネルをホームセンターで購入し、まずは厚紙で型を作ってみました。

IMG_0032.jpg元のものより手前を少し大きくしています。

アクリルパネルを小さく2枚切り出し、型紙を貼って電動糸鋸でカットします。

IMG_0033.jpg切った端から熱でくっつくので、ニッパーでバリバリと割っていかないとだめでした。

ハンドドリルしか持ってないので、垂直に穴を開けるのが難しいのですが、なんとか切り出しと穴あけが完了。

IMG_0034.jpgここで、昼飯にマルナカのフードコートに行くと、なんだかパドルによく似たものをいただきました。(呼び出し用の札ですけど)

IMG_0035.jpg家に戻って、面取りして調整すんで、ネジ止めすると・・なんと!穴の位置もバッチリでした。

IMG_0037.jpgたいてい失敗するのですが、今回は奇跡でした。

高級感は無くなってしまいましたが、これでまた長く使えそうです。

コメント(5)

さかしん







このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちメンテナンスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは健康です。

次のカテゴリはアウトドアです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ